5.般若のような
小学校低学年の頃でした。
ふと、夜中に目が覚めると隣の布団は空です。
「ああ、お母さんはまだ起きているのか」と思い、私も布団から出ました。
 夜中で心細かったのです。一部屋だけ、明りがポツリとともってる部屋がありました。
そこは、仏壇の間でした。
やはり、そこにお母さんはいました。
 
私の気配を察してお母さんは、こちらへ振り返りました。
私は、その顔を見て仰天しました。
泣きはらして充血した眼は、異様な光をギラギラとはなっています。
歪んだ形相は、まるで般若の面のようでした。

お母さんは、私に近寄りました。
そして、すごい力で私の両腕を握り締めながら、搾り出すような声で言いました。
「まず、眼をえぐりとってやる」
私は、その恐ろしさに声もでませんでした。
凍りついたように呆然と固くなりました。
母の恐ろしい言葉は続きます。


「次に、鼻を削ぎ、舌をひきぬいて、耳を引き千切り、手足をバラバラに してやる。そして、最後に心の臓を包丁で一突きだ!
 ただ、殺しはしない。おまえのお父さんは、さんざん苦しめてから 殺してやる!」
この後の記憶はここで途切れています。


もう、三十年以上昔の話です。
幸い、お母さんはお父さんを殺しませんでした。
その変わり、私は愚かで醜い夫婦喧嘩に巻き込まれ、故郷から逃げ出さないといけませんでした。
離婚訴訟に十年以上をかけた両親。
父の女癖の悪さに苦しみもだえ、鬼と化した母親の記憶は、今でもこの胸に痛ましい傷となっています。

般若の面を見るつど、母を連想します。

不思議な話へ