7.足首をつかむ
私は、霊は信じていません(いるのを認めると怖いから)。
でも、人からは霊感があるとよく言われます。
つい先日も怖い体験をしました。

仕事が終わり、主人を車で待っていたときにそれは起こりました。
本を読んでいると、急にひどい眠気が襲ってきたのです。
しばらく眠りにつき、ふと人の気配で目がさめました。
てっきり主人が帰ってきたと思い体を起こそうとしましたが、体が動きません。
「うわっ来た!」と思った瞬間、グググ…
体が締め付けられました。  そしておさまったのです。

「なんや〜」と思って安心したら、何人かの人達の話し声が聞こえてきました。
「やっ、モーちゃん、まだおる」誰だろうと外を見ると、誰もいません。
木が立っているのが4本見えるだけ。
ゾ〜っとした瞬間。
バリ!バリ!バリ!…
体を引き裂くような激痛と、体中の血管が切れてしまいそうな感覚が襲ってきました。
もちろん金縛り状態です。
何度か体験したことのある感覚でした。

「離れろ。離れろ。まだ死にたくない!連れて行くな!」
ずいぶん長い時間祈っていたような気がします。
やっと体が自由になりました。妙な脱力感と安堵感に包まれました。

また眠っていたのでしょうか、人の声で目が覚めました。
「モーちゃん、まだおるわ」「ほんまや」
夢うつつの私の耳にはっきり聞こえてきました。
そして金縛り。
「今日は何なん?」心の中で叫びました。


すると、誰かが私の足首をガシッと掴んだのです。
ヒャ!!ここは車の助手席やで〜!!


一瞬ひるんだのですが、「いいかげんにしろ!!」と思い、
金縛りの体を一生懸命起こしました。
バリ!バリ!バリ!…
またもやこの感覚!「負けへんで」
ようやく少しづつ体が動きました。

気力の勝負でした。
そして足元を見ると、そこは真っ暗2本の手だけが、暗闇からニュウッと出て私の足を掴んでいました。
「逃がすものか!」怖がりの私がなぜ、その行動に出たかわかりません。
私は、腕を掴んでいました。
ニュル、ズル…
掴んだときの感触はまるで、腐ったものをひっぱっているような…
そのあと、スーっと雰囲気が変わり、いつもの車の中でした。ただ、手の感覚は残ったまま。

しばらく震えがとまりませんでした。
周りを見回すと、木は3本しか立っていませんでした。私が見たのは4本だったような…。

不思議な話へ