商店街にあるこだわりの店ご紹介  

鉄道の忘れ物市「おおにし」

生野本通商店街
代表者 古物商許可・店主:大西良明
所在地 〒544-0023大阪市生野区林寺1−3−1
TEL 06-6712-0024
FAX 06-6716-4451
営業時間 10:00〜19:00
定休日 火曜日
Web
E-mail

鉄道の忘れ物販売は、「古物商」です。電車であなたが忘れ物をすると、どうなるのでしょう?

忘れ物は、「遺失物」として、警察に届けられ、忘れ物預かり所に置いてあります。持ち主が現れると直ぐに返されます。しかし、半年経っても、残されていれば、持ち主不明で「忘れ物処分」として、拾い主に戻されます。そして、売却処分されるのです。 

鉄道会社ごとに、指名入札です。対象商品は、「何年何月忘れ物」として、一括入札です。丸ごと一ヶ月の列車のお買上げです。仕分けと値付けが大変です。これなんぼのもんや知ってないとあきまへん。

梅雨時の月は、傘が多い。冬は、手袋。春は、陽気に誘われて、なんでもお忘れ!!こんなもんどうしてという物があり、びっくりしまっせ。

店を覗いてみると、「人間て、忘れる動物やなぁ」と、よう分かる。自分の物忘なんか、可愛いものやと、優越感を感じます。

眼鏡もいっぱいありますし、とにかく 何でも置いてます。処方箋の薬なんか売れまへん。しかし、シップ薬だったら売れます。風邪薬なんか私が使います。気に入ったもんあったら、使こうてください。

3日に一回、いやいや毎日見に来てくれる人がいます。この前もこれえぇなぁと言うてそのまま帰ると、あくる日来たら売れてしもうてた。「その日の一点限り」その日の目玉ですわ!!






こだわりの店からこだわりの逸品をご紹介します

鉄道の忘れ物
鉄道の忘れ物屋です。

リサイクルではないので、いらんもん集めたのと違う。いるもん泣く泣く忘れたもんです。だから、「えぇもん」が安く買える。そんな値打ちもんが、沢山混じってます。

ブランドもの、バッグ、傘、財布、マフラー、帽子、コート、特に傘は、ビニール傘は、捨てますが、えぇ傘あります。なんでかと言うと、「お出かけ用」のもんですからね。

買い方のコツ!!
1、しょっちゅう店を覗くこと。その日の1点限りです
2、よう見て買うて、えぇもんが安いが、今まで使われたものです。 安い理由があるもんもある
3、傘は、ねらい目。お出掛け用・よそ行きの傘です
4、シーズンによって買うといい。夏は、扇子と帽子
冬は、手袋・マフラーとコート オールシーズンで、時計・バッグ
5、見るだけで、楽しい!!
最近の目玉は、新品の炊飯器、コールマンノテント、昔の炭火用あんか、ブランドものの数々・・・等々
   
戻る目次次へ

©大阪府商店街振興組合連合会